よくある質問

お客様からよくいただくご質問と回答をまとめています。
不明点などがある際には、お気軽にお問い合わせ下さい。




Q. 院に行けばいつでも施術してもらえますか?

施術できる人数に限りがあるため、事前予約制を取らせていただいております。
空いている日や時間を案内させていただきますので、お気軽にお電話下さい。
(めまいや耳鳴りの大変さは私どももよく承知しております。お急ぎの方もできるだけ対応させていただきますので、まずはご一報下さい)

リバース静岡院 プレイン 電話番号 : 0537-29-8711
電話受付時間: 9:00~20:00
「施術の予約をしたい」とおっしゃって下さい。

※ 出張施術の際など、電話に出られない場合がございます。電話番号の記録やメッセージを残していただいた場合は、こちらから折り返し連絡をさせていただきます。

Q. どのような服装で行ったら良いですか?

肘から下、膝から下を出せる格好であれば、どのような服装であっても大丈夫です。
血行が良くなり、汗をかかれる方が多くいらっしゃいますので、着替えをお持ちになられると良いかと思います。

院にも着替えの用意がございます。よろしければご利用下さい
※ お子様サイズの着替えの用意はございませんので、ご了承下さい。

Q. 必要な持ち物はありますか?

特にございません。
ただし、コンタクトをされている方は、外して施術する必要があるため、保管用のレンズケースをお持ち下さい。

Q. 定休日はいつですか?

日曜日を定休日とさせていただいております。
また、祝日は不定休とさせていただいておりますので、事前にお問い合わせ下さい。

Q. 施術をすると痛みを感じますか?

状態が悪い場合、痛みが出る場合がございます。ただ、その痛みは施術を重ね、症状が変化することで、だんだんと和らいでいく方が多くいらっしゃいます。
( 個人差がございますが、多くの方は、5回~10回程度の来院で変化を実感される方が多いです。めまいはその日のうちに症状が軽くなったと感じられる方もいらっしゃいます)

Q. 家族と一緒に行っても良いですか?

はい。ご夫婦やご家族で来院されて、順番に施術を受けていく方もいらっしゃいます。
使う器材などによっては同時に施術をすることもできますが、基本的にマンツーマン施術ですので、他の方が施術を受けている間はお待ちいただくこととなります。その点のみご了承下さい。

Q. 心臓が悪い方へのご注意?

超短波器など使えない機材がございます。事前にご申告下さい(問診票に書く欄がございます)
Q. 出張施術はしてもらえますか? 追加料金はいくらかかりますか?

静岡県内で、西は磐田市、東は焼津市まで、出張施術が可能です。
※ その他遠方の方は相談させて下さい。
遠出が難しい方、自宅などで安心して施術を受けたい方などに好評をいただいております。
サークルの仲間など、何人かを集めて“出張施術会”を開いていただいている方もいらっしゃいます。

こちらで器材をお持ちいたしますので、特にご用意いただくことはございません。
(ベッドを置くスペース(二畳ほど)と100V電源のあるお部屋をご用意下さい)
出張料金 は施術料+3,240円となります。

Q. 難聴は何回ぐらい通院すれば改善出来ますか?

難聴は、症状や難聴の種類や既往歴などで改善スピードが違ってきます。平均10回前後は必要 です。早く改善する人や遅い人もいます。今、何が耳に負担をかけているか?流れを知ることが大切です。また、突発性難聴などは早期手当が必要となります。耳は、中医学では腎経が支配します。しかし、初めの症状は、小腸経や膀胱経からの負担で現れます。耳だけでなく、全身からの施術が必要になります。

Q. 難聴の施術法はどんなことをするのですか?

難聴改善法は、耳だけでなく全身から施術します。今、耳に負担をかけている流れを解消していきます。最大の原因は血流障害で、胃腸の働きや膀胱系や腎経の流れを調整していきます。基本は、14経絡療法や酸素療法・自律神経失調の調整に熱針療法や足圧リンパ器や腹部に超短波器や独自に開発したトレーナー器などを使用 して、改善スピードを図っています。

Q. 難聴の予防法はありますか?

難聴は、内臓との関わりがあります。直ぐに補聴器に頼ってはいけません。耳の周辺の血流障害が起こると、聞こえが悪くなり、耳鳴りなども発症してきます。全身から血流促進をする必要があります。ストレス社会で胃腸の硬化で睡眠時無呼吸症候群の人も多くいます。日頃の運動が必要です。 縄跳びや呼吸法などで肺に負荷をかけて酸素の取り入れをスムーズにする必要があります。全身運動で血流促進が大切です。

Q. 視力低下の原因はなんですか?

視力低下の最大の原因は血流障害です。今、目に負担をかけている流れを知ることが大切です。自律神経の乱れや胃腸の硬化・栄養障害・生活習慣の見直しが大切です。プレインでは、独自の改善法(タッピング法・シェイク法・指圧法・摩り法・ローリング法)や独自に開発したアイトレーナー器の使用で改善のスピード化を図っています。

Q. 子供は何歳から施術出来ますか?

プレインには、3歳から86歳までのお客様が来院しています。年代に合わせて安心の施術を行っています。

Q. なぜ当院の施術で視力回復・難聴回復できるのか?

≪視力低下・緑内障・難聴の施術について≫
視力低下、緑内障、難聴で困っているという方は多数いらっしゃいます。メガネやコンタクトレンズ、補聴器をするのは・・・という方に、最大の原因は血流障害と言われています。今、目や耳に負担をかけている流れを知ることが大切です。自律神経の乱れや胃腸の硬化・栄養障害・生活習慣の見直しが大切となってきます。施術のスタートが早ければ早いほど、目や耳が良くなる確率が高いのでお早めにご来院下さいませ。


●当院での目や耳の施術法
基本は、14経絡療法や酸素療法、自律神経失調の調整に熱針療法や足圧器、腹部に超短波器や独自のアイトレーナー器などを使用して、改善スピードを図っています。14経絡療法では、ツボを心地良く刺激する事により、血行を促進させ、老廃物の体外排出を促すという効果があります。頭痛、眼精疲労に特に最適です。また顔のむくみやたるみを解消し、小顔効果も期待できます。また、頚(くび)・肩の凝り、腰痛の原因となる筋肉の硬直をほぐし、硬直した筋肉をしっかりほぐすので、「肩や首の凝りや疲れも楽になったわ」と言われる方が多いです。酸素療法で、回復の即効性を高めるために、濃縮酸素を吸っていただきます。酸素は、自然治癒力の増大、抵抗力のある体を作る働きもあり、子供からお年寄りまで、すべての人にとっての必需品であると言われ、終わった後には、「身体の疲れが取れた」「短い時間だけど熟睡できた」とおっしゃられます。熱針療法や足圧器では、自律神経の働きを正常にしていきます。しかも鎮痛効果は大きく、自然と痛みが和らぎ、血流が良くなり、自然治癒力を高めてくれます。また、施術後は「足が軽くなった」と言われる方もいらっしゃいます。超短波器による温めは、血液循環の改善に効果があり、血液の流れが良くなることで、疲労物質が代謝され、筋肉のコリを緩解します。また「便秘や下痢、生理痛や生理不順などの婦人病もなくなった」と喜ばれています。独自のアイトレーナー器で、血流促進に最大の効果を利用したものです。目の周囲や、耳の周りにも最大限使用致します。また、美眼から美顔へと、「目の周囲のくまやたるみやしわがなくなり、若く見えると言われた」と嬉しい報告もいただいています。まずは、一度ご来店いただきお試しいただければと思います。そして、メガネや補聴器を卒業した生活を目指しましょう。

●施術の通院について
「どれくらいで治るのですか??」
「何回の施術で目や耳が良くなるのでしょうか??」
よく聞かれるご質問ですが申し訳ありませんが、なにぶん視力低下・難聴は、症状や難聴の種類や既往歴などで改善スピードが違ってきますので、ハッキリと申し上げる事ができませんが、10回程度を目安としていただければと思います。しっかりとサポートいたしますのでご安心して通院なさってください。


Q. 視力回復はどのような方法で行うのですか?

最大の原因は血流障害で、目の酸素欠乏症です。その血流障害をどうしたら解決できるかが、回復のカギとなります。目の周囲の眼筋、瞳孔括約筋などは自律神経支配が多く、自律神経は内臓支配です。自律神経の正常化の療法には中医学と酸素療法と独自の4種のアイトレーナー器を使用して改善していきます。

Q. 視力回復にどの位の期間が必要ですか?

その人の病歴や年齢によっても回復速度が違います。子供、若い人は早く、老人になるにしたがって回復が遅く、最低10回の療法でほとんどの方が変化を感じます。又、自分の視力回復の目標で期間が異なります。

Q. どんな視力低下でも回復は可能ですか?

この療法は色盲以外は有効です。あきらめないで、自分の自然治癒力を信じましょう!目の周囲のツボを刺激しただけでも、本来持っている生物場(電気エネルギー)が変化を起こし血流を促進します。とにかく刺激を与えることです。

Q. 回復したとしても又元に戻ることはないのですか?

体全身より視力低下の原因を検査して療術していきますので戻りません。しかし眼の酷使をし続けると誰でも元に戻ります。男性の患者さん(29歳)で、視力は0.03、身体の不調で相談に来ました。表情は暗く、笑顔もありませんでした。特に目の周囲の眼筋の衰えがひどく眼の周囲だけが老人化していました。そこで、14経絡療法、酸素療法で全身を整え、アイトレーナー器で30分療術を行いました。約3ヶ月で裸眼で0.6まで回復しました。暗かった患者さんもすっかり明るくなりました。この療法は眼筋が締り、眼圧も正常になり、顔の中心の眼の位置、眼光が違い、目も大きく開き、女性の方などに好評です。エステも眼の美容でこの療法を取り入れると良いと思います。

Q. 眼に対して気をつけることは?

眼筋は一日10万回以上動き、よく働いています。しかし、筋力にも限界があります。どんな筋力でも8時間~10時間も酷使したら再生不能になってしまいます。特に目には充分な栄養と休養を与えてください。姿勢を良くしたり、遠くのものを見る癖をつけると良いです。自分で出来る目の周囲のツボマッサージや暖かいタオルや冷たいタオルを目に当ててください。1日5分~10分で目の疲れがとれると思います。


Q. 老眼は予防できますか?

眼科医に「もう老眼ですね。仕方ないですね」と一言で片付けられて、視力低下をあきらめている方が多いですが、とんでもない!老眼は栄養失調と考えてください。目に栄養、つまり酸素、血流障害です。年齢ともに水晶体が硬くなり、近くを見たり遠くを見たりするとき水晶体を厚くしたり薄くしたりしてピントが合うようにする調整機能が衰えてきます。近くのものが見えにくい症状を「老眼」といわれています。これを予防するには血行を良くすることです。目に栄養と休養です。老眼も回復します。


Q. ドライ・アイ、眼精疲労はどうしたらいいでしょう?

約800万人以上の人がその症状で苦しんでいるといわれます。
点眼液(目薬)で予防している方がいますが、本来の回復は望めません。目の酷使、仕事場の環境の悪化、室内の空気汚染、特に高層ビルなどは酸欠状態です。空気中のマイナスイオンも室内にほとんど無く、プラスイオンとのバランスが非常に悪くなっています。特にOA機の前では光と色の刺激を長時間受け、まばたきの回数も減り、目の表面を潤す涙が充分にいきわたらなくなっています。この症状が現れたら、目の周囲の療術だけでは回復は不可能です。体全体の慢性的な疲労や血流障害を取り除きます。回復率は早いです。目薬だけに頼っていると全身に体調不良の症状が出てきます。早めに対処が必要です。


Q. アイトレーナー器とはどんなものですか?

生物の体の中にはある微量の生物電気がながれています。人間の体も生物電気がなければ命を保つことが困難です。細胞の一つ一つが弱い電気を起こし相互に情報交換をしながら新陳代謝を繰り返しています。病気の根源である血流障害は、生体エネルギーを失わせ本来の機能を果たせません。このアイトレーナー器は、血流促進に最大の効果を利用したものです。近視・弱視・斜視・ドライアイ・眼精疲労などや目の周囲の眼筋にも最大限に応用出来る家庭のアイトレーナー器として、また、美眼から美顔への目の周囲のくまやたるみやしわなどの改善にお役に立てる美容器として開発しました。

特許申請済
●商標登録証 番号 第4762777 目の美容室 
●商標登録証 番号 第4776320 アイトレーナー



Q. 難聴・突発性・耳鳴り

難聴・突発性・耳鳴り難聴の原因は、西洋医学的には、伝音性以外は、原因不明が多いのです。 諸説色々ありますが、最大の原因は、血流障害です。 リンパの流れや細部の血液循環が低下し、症状を併発しています。耳は、中医学では、腎経が支配しています。 小腸経が弱くなると少し耳が遠くなって、聞こえづらくなり、 膀胱経や腎経で聴覚障害が起きます。そのため当院では耳だけに対しての施術ではなく、血流障害に対する全身の施術を行います。