スマホによる目の疲れ感じていませんか?

長時間のスマホ使用により、

一時的に老眼のような症状が起こるものです。


「調節緊張」と呼ばれるもので、

長時間スマホを見続けることで、

ピントが近くに合ったままとなり

元に戻りにくくなります。

スマホから目を離して周りを見ると

ぼやけたり、見づらいと感じます。

この症状が続くとピント調整が利かなくなり、

老眼と同じような症状が現れます。


ほとんどが一時的な症状ではありますが、

中にはこの症状が続いて、老眼を早める可能性もあり、

老眼の若年化も進んで、

20代で老眼と診断されたケースもあります。


眼の老化が進むために、

高齢者に多い緑内障、加齢黄斑変性症などに

なることも少なくありません。

*緑内障:視神経という器官に障害が起こり、視野が狭くなる病気。
 治療が遅れると失明に至ることもある。

*加齢黄斑変性症
 モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともに
 ダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気。

眼の異常を感じたら、即ケアをすることが大切です。

この状態を放っておくと、

睡眠障害、自律神経の乱れを起こし、

眼だけでなく身体全体の不調招くことがあるのです。


眼の健康寿命を延ばすため、

子供のころからケアが重要です。

眼は一生の視産です!

================
視力回復・聴力改善専門院
静岡県掛川市南1丁目6-15
キヨミズキャンパス3A
日本リバース静岡院 プレイン
TEL:0537298711
https://www.rebirth-shizuoka.com/
あなたの5年先、10年先までサポートする。
トレーナー 石川 茂樹です。
================

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj