気・血・水について!

東洋医学では、「気・血・水」と言う言葉を良く耳にします。

この「気・血・水」のお話をします。


先ずは「気」
生命活動を維持する源となり
目に見えないエネルギー、生命力と言えるでしょう。
「気」は「血」と合わさることで血流となると考えています。

次に「血」
いわゆる血液のことで
全身の各器官に栄養や酸素や与え滋養させる働きがあります。
「血」の生成と作用には「気」の働きが必要で
「気」に栄養を与え働きを持続させる働きがあります。

それから「水」
「血」以外のすべての体液を指します。
全身を隅々まで潤す物質と捉え
「水」が体内を巡るためには「気」の力が必要となり
「水」は「血」の原材料とされています。


この「気・血・水」がバランス良いと

健康でいられるという事になります。


バランスが崩れると血流の悪化に繋がり

血虚(けっきょ)・気虚(ききょ)・気滞お血(きたい・おけつ)

と言った症状に陥ります。


気虚(ききょ)
気の量が不足し、機能低下が生じて血をつくれない状態
新陳代謝が悪くなり、疲れやすい
冷え症、胃もたれしやすいなどの症状が出る。

血虚(けっきょ)
血が足りない状態で
胃腸の機能低下や栄養不足が原因の可能性が大きいです。
更に、月経不順、冷え症、動悸
かすみ目、疲れ目、貧血などの症状も現れる事もあります。

気滞お血(きたい・おけつ)
気と血の巡りが悪く、老廃物が溜まった状態
血液の流れが悪化
ひどい生理痛や血の塊が出たり
下痢と便秘を繰り返す場合も。イライラしやすくなる。

原因としては

胃腸の機能低下
ストレス
自律神経の乱れ等と関係しています。


次回は、
自分の状態が
気虚、血虚、気滞お血
どの状態になっているか自己診断していただきます。
チェックシートで行います。

=================
見える!聞こえる!をサポートする!
視力回復・聴力改善専門院
目と耳の整体院 プレイン
静岡県掛川市南1丁目6-15
キヨミズキャンパス3A
TEL:0537298711
https://www.rebirth-shizuoka.com/
=================

?Gg[???ubN}[N??